タッチ操作できるプロジェクターで壁や机がエンターテイメント空間に?Xperia Touchの予約が開始!

Xperia Touch G1109

ソニーとソニーモバイルのコラボが生み出したポータブルスマートプロジェクターのXperia Touchがいよいよ予約を開始しました。

今まで、ありそうでなかった家庭用では初となるタッチ機能搭載プロジェクター、なかなか面白くて魅力的な商品だと思いますので確認してみてくださいね。

特に、プロジェクターに興味はあるけど映画だけを見るためだけに購入するのに二の足を踏んでいる様なガジェット好きな方には突き刺さる商品かもしれないです。

Xperia Touch とは?

icon
icon
Xperia Touch G1109はどんな物かというと、壁や机に投影してそれをタッチ操作できるAndroidOS搭載プロジェクターってとこですね。

下の動画を見てもらったほうが早いですかね。



2017年6月9日からソニーストアや家電量販店、オンラインショップで予約が開始されています。

販売開始は6月24日からで価格はソニーストア直販で149,880円(税別)となっています。

通常のプロジェクターと比べると金額は結構高いですが、アンドロイド内臓のプロジェクターで今までなかった商品なので、最初はこんなもんでしょう。

Xperia Touchの特徴

Xperia Touchの特徴は投影したスクリーンをタッチで操作できる

投影したスクリーンをタッチで操作できる

一番の特徴は何といっても従来のプロジェクターとは違い、テーブル や壁に投写し、投影したスクリーンをタッチで操作できる所でしょう。

ただし、タッチ操作ができるのは、投写面に付けて設置し、約23インチスクリーンで投影したときのみになっていますので、80インチにしてタッチ操作ができるわけではないです。

そして壁面から本体を約25cm離して投写すれば、80インチの大画面にできるのも特徴ですね。

プロジェクター部分はソニーが1年前に発売した現在大人気のポータブル超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」のものを、ほぼそのまま利用しているとのことです。

大画面で楽しめる

大画面で楽しめる

狭い部屋でも壁さえあれば80インチで映画なども観ることができますし、PS4のリモートプレイもできるのでゲームも楽しめます。

画面解像度は1366x768で明るさは100ルーメンとなるので、プロジェクターとしては物足りなさを感じますね。

大画面にすればするほど部屋が明るいと厳しそうです。ただ、大画面にしなければ昼間でも直射日光の当たる場所でなければ、使えそうな感じです。大画面にして映画などを鑑賞するには部屋を暗くしたほうが良さそうです。

Xperia Touchのスペック

『Xperia Touch』に搭載されているAndroid OSは最新のバージョン7.0で勿論Wi-FiやBlutoothといった無線通信にも対応していますし、1300万画素のカメラもついています。

容量は小さいですが内臓バッテリーも搭載されていてスペックをみるだけだとほぼスマホのような感じです。

タッチ機能は最大10点までのマルチタッチとなっていますので、家族で楽しむことができるんではないでしょうか。

詳しいスペックはソニーストアで確認してほしいと思います。

残念ながらジェスチャー操作には未対応

試作機の段階ではタッチ操作ができないサイズの壁面投写時に空中でのジェスチャー操作のデモがありましたが製品版では搭載されていないようです。


まとめ

Xperia Touchは、非常に面白い商品で色々な使い方ができるのではないかと思います。

近未来的なこの様な商品は賛否両論あると思いますが、個人的には革新的な機能を持った商品がどんどん出てきて欲しいです。

今までの家電とは違うので、日常生活でびっくりするような使い方を発見したりできそうなので楽しんでみてはどうでしょうか。

 










Xperia Touch G1109